本文へスキップ

施設案内

まつら荘は、済生会唐津病院を母体とし、昭和63年10月7日に佐賀県においては最初の老人保健施設として開設しました。当初より入所サービスとともに通所リハビリテーション(デイケア)を行っております。
まつら荘開設以来一貫して、入所では在宅復帰、通所では在宅生活を支援するため、機能の充実と職員の能力向上に努めております平成27年10月21日、新築移転に伴い入所サービスではユニットケアを始め、きめ細かいサービスを提供し在宅復帰を目指しております。

ユニットケアとは・・・・・・
施設の居室をいくつかのグループに分けて、それぞれをひとつの生活ユニ単位(ユニット)として、少人数の家庭的な雰囲気の中でケアを行うことです。ご利用者さまのプライバシーを守ることはもちろん、ユニットならではのきめ細かいケアに力を入れています。

認定資格のご案内
御利用者様に、質の高いサービスを提供出来るように各種認定資格の取得を行っております。
●認知症ケア専門士 詳細
認知症ケアに対する知識・技能及び倫理論を備えた専門士で、認知症ケア学会が認定した認知症ケアのスペシャリストです。
●リスクマネージャー 詳細
施設を取り巻くリスク(転倒・転落・施設内感染・プライバシー保護・自然災害等)を包括的に把握し、事故後対策だけでなく、事前リスクも視野に入れて現場の中心となってリスクマネージメントを行います。
●介護支援専門員 
介護保険サービスを受ける方が適切かつ効果的にサービスが受けられるように、介護サービス計画(ケアプラン)を立てたり、利用者や家族との連絡調整にあたります。


 
各部門ご案内
お食事 

医師の指示のもと管理栄養士が、ご利用者一人ひとりの身体状態に合った食事の提供を行います。また、定期的な栄養状態の評価に基づいて、栄養ケア計画書を作成・実施致します。毎日のおやつや四季折々の行事食の提供を行っております。

選択メニュー

選択メニュー

日替わりメニュー

食事会
リハビリテーション
医師の指示のもと、リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士)が、身体機能・日常生活動作能力・在宅環境などを評価し、ご利用者に必要なリハビリテーション計画を作成・実施していきます。回復期〜維持期のリハビリテーションであるめた、在宅生活を考慮した個別リハビリテーション・日常生活動作訓練が中心となります。
看護
介護老人保健施設に入所されるご利用者の方は、在宅復帰を目的とし、リハビリを中心として治療、介護が行われています。入所者の生活の場として、在宅復帰のために医療面からサポートいたします。医療処置は病院機関に比べて少ないですが、お一人ひとりと長い時間をかけて関わる事ができ、見守り、観察なども含めて看護師はバイタルチェック、胃ろう、褥瘡などの医療処置、また、服薬管理、薬塗布、口腔ケアなどをおこないます。また、体調の急変時には、看護師として迅速に対応し医師への連携をおこないます。

介護

日常的なケアと他の専門職と協働して行う専門的なケアを行います。 老健のご利用者は日常生活に何らかの問題をかかえておられますので、ご利用者の尊厳を尊重し安心・安全に生活が送れるように、移動・食事・清潔などに関する日常的なケアを専門的に提供します。

季節毎の施設行事


納涼祭

七夕

お花見

花火大会鑑賞


入所定員 80名
 5階  ユニット 20床
 4階   ユニット 20床
3階  ユニット 20床
 2階  従来型 20床
 1階 通所リハビリテーション(42名)
訪問看護  訪問介護
居宅介護支援事業所
院内保育所
地域交流スペース 


介護老人保健施設 まつら荘
居室

生活スペース   
屋上緑化
特殊浴槽
研修室  
   
送迎車(全車車椅子乗車対応)
      
 









まつら荘概要









所在地 〒847-0853
佐賀県唐津市江川町694番地1
電話 0955-74-3138
FAX 0955-75-3174
メール matsura-j@saiseikai-karatsu.com
施設長 所長:園田孝志

開設
昭和63年10月7日

新築移転
平成27年10月21日
事業
内容
介護老人保健施設
(介護予防)短期入所療養介護
(介護予防)通所リハビリテーション